英語ディベート

こんにちは!pocoのすずです☺︎

今日はすこーし真面目なコラムです!

 

私実は軽音部の他に英語ディベート部にも入ってて、

アカデミックディベート

なるものをやっています。

 

簡単に言うと1年間同じ論題について調べて

英語で議論し合うって感じ。

 

そして、今年の議題は、

日本国は,残業も含めた週あたりの最長平均労働時間を,(E.U.にならい)48時間に制限すべきである。是か非か。

パッと見、そんなもんすべきでしょ!

って思いますよね。

 

でも、実はよく考えてみると難しいんです。

もちろん、労働時間が短くなったら、

自由な時間が増える

過労死する人が減る

生産性が上がる

といったメリットもたくさんあります。

しかし、

サービス残業が増える

残業代が貰えなくなる

管理職の負担が増える

などといったデメリットも。

 

ディベートでは肯定・否定

両方の立場から喋るので、

こんな風にメリット・デメリットを挙げて考えていきます。

 

私は4月からこの論題について調べていますが

私はこの論題について否定派かなあ……。

確かに日本の労働時間は長すぎるとは思うのですが、

時間だけ縮めるとサービス残業などが気になります。

ノルマはこなさないといけないのに会社は残業するなと言う。

板挟みですね……

もちろん家での仕事に残業代は出ませんから、

サービス残業はただただ個人の負担が増えるだけ。

そんなの絶対嫌ですよね。

働いた分ちゃんとお金欲しいし。

 

 

とまあこんな風に、結構タイムリーな論題で

英語で議論し合うのが英語ディベートです。

みなさんは今回の論題、肯定派ですか?否定派ですか?

よかったら考えてみてください。

難しいですが

勉強になることもたくさんあって楽しいので、

機会があれば是非、

英語ディベートやってみてほしいです!

今回は論題についてお話ししましたが、

もし好評だったらディベートのルールについて

とかも書こうかな💭

少し長めになってしまいましたが、

最後まで読んでくれてありがとうございました☺︎