英語ディベート②

ご無沙汰してます、pocoのすずです☺︎

 

最近登場率低めになっていたのですが、

何をしていたのか??と言いますと、、、

 

 

英語ディベート福井県大会

に出ていました!!!

 

前回は、今年の論題の労働時間についてを

少しだけ書かせていただいたので、

今回は英語ディベートについてお話ししますね!

(前回のコラムはこちら☞英語ディベート)

 

英語ディベートは、主に2種類あります。

1つ目は、今回の県大会で行われた、

アカデミックディベート

 というもの。

約半年間同じ論題で、

たくさんの証拠を集めて行う、

準備型のディベートです。

 

もう1つは、17日に県大会があるのですが、

パーラメンタリーディベート

というもの。

こちらはアカデミックディベートとは違って、

試合の15分前に論題が発表されて、

ネットに頼らず、自分の培ってきた経験・知識を

フル活用して行う、即興型ディベートです。

 

 

私の高校はどちらも行っていて、

どちらにも違った良さがあってすごく楽しいんです!

 

英語ディベートってなんか難しそう…🤔

と思われがちですが、

パーラメンタリーディベート

特に面白い議題も多くて、

大会前の練習会では

『日本でバレンタインデーは廃止すべきか否か』

ドラえもんのび太に力を貸すべきか否か』

なんて面白いテーマも!!

 

英語を話すとてもいい練習になるので、

機会があればぜひやってみてくださいね!